ロルフィング®とは

ロルフィング®とは、米国のアイダ・ロルフ博士によって体系付けられた手技療法です。
アイダ・ロルフ博士(1896~1979)は、米国コロンビア大学で生化学の博士号を取得後、オステオパシー、ホメオパシー、カイロプラクティックなどの様々な治療法を研究し、「組織に働きかけて身体の各部位をあるべき場所に配置し、全体のバランスを調整する」理論と技術を確立しました。その療法は彼女の名前に由来して「ロルフィング®」と呼ばれるようになりました。

ロルフィング®では基本の10セッションを通し、慢性症状の原因となる身体のクセや使い方を見直し、より適切なポジションを見つけることを目指します。
また重要なポイントとして、重力の下で身体がどう反応しているかをベースに施術する、ということがあります。
なぜ重力との関わり方を探るかと言えば、人間の活動というのは常に重力下で身体をどう扱っているかに深く関わっているからです。
クセや無意識下での習慣を形づくるのは、重力下での活動「座る」「立つ」「歩く」に関わる時がほとんどです。

10セッションのうち、1〜7までのセッションではアプローチの場所や順番が綿密に決まっており、最後の8〜10のセッションでは、それぞれの方に合うようにオーダーメイドのセッションを行います。
10回を終える頃には、姿勢や日常動作の改善や気づき、それによる様々な症状の改善が見られます。
ブログでも、ロルフィング®を受けた方のセッションを詳しく綴っていますので、ぜひご一読ください。

当院のロルフィングマイナスからゼロ、そしてプラスへ

プロフィール詳細の<ロルフィング®との出会い>でも書いていますが、私自身がロルフィング®の10セッションで身体が変わり、物ごとの見方が変化しました。
当時、私自身に痛みや不調、つまりマイナスの状態はありませんでしたが、ロルフィング®を受けることにより、更に状態が良くなり、それまで感じたことがなかった境地を感じることができたのです。
この経験から、痛みや不調がある「マイナス」の状態を治した状態は「ゼロ」の状態であり、その先には「プラス」の状態が存在し、そのプラスの状態には際限がないのではないか、ということを思うようになりました。

当院での施術の特色として、痛みがある場合は、状態にもよりますが、鍼灸治療をお勧めしています。痛みの改善には、やはり鍼灸のアプローチが適していることが多いからです。
痛みがない状態、つまりゼロの状態から、更に良い状態を目指したい、より良い自分自身に出会いたい、という方にはロルフィング®を受けていただいています。
そのように、その方の状態によって適切な施術を用い、お一人お一人にフィットした治療を提供できることが、当院の最大の強みであると考えています。

ロルフィングで世界が変わる

「姿勢を良くしたい」という願望を持っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
それでは、いったいなぜ、姿勢を良くしたいと考えているのでしょうか?

おそらく「姿勢を良くする」とは、願望ではなく目的であり、その先の願望を明確にすることが大切です。 競技力の向上のため、ビジネスでプレゼンをするような場面で堂々とした振る舞いをするため、若々しく年を重ねていくため、など、もう少し掘り下げてみると、姿勢を良くするその先にある願望が明確になってくると思います。

競技力の向上であれば、外的な姿勢が良く見えることよりも、内的な身体操作の感性を養い、より自由に体を使えることにより達成されます。

自信に満ちた堂々とした振る舞いなどのコミュニケーションに関わることは、胸と頚のアライメントを整えることに加えて、実際のプレゼンの場においても適切に胸郭と頚を使えるように、体と心の使い方を学ぶことにより達成されます。

若々しく年を重ねていくためには、年齢と共に衰えやすい足裏から脚、体幹部の筋膜連鎖を整え、脚と背中と頚の繋がりを活性化していくことにより達成されます。

当初の「姿勢を良くする」という目的の、その先にある個々の願望を達成するためには、外的な見た目ではなく内的な感覚や使い方にフォーカスを当てる必要性が分かるはずです。
内的な感覚を整えた結果として外的な姿勢が整う、と表現することができるでしょう。

一方で、猫背という姿勢自体が昔からのコンプレックスであるため、という観点もあります。
骨格や筋膜など構造的に問題がある場合、まずはストラクチャーである構造へのアプローチをしっかりと行い、外的なアライメント整えることを目的として行います。
例えば猫背へのアプローチでは、まずは背中でなく胸や肋骨を開く必要があります。その後、必要な部位への構造的アプローチを行った後、立位や座位にて、適切な身体の使い方を再学習していくことにより、整ったアライメントが現れてくるでしょう。
見た目を整えることがその方の自信となり、はつらつさや活発さに繋がることが、結果としてあるその先の願望にあたるのでしょう。

このようにご紹介してしまうと、「特別なニーズがなければ、ロルフィング®を受けるに適さないのではないか?」と思われるのかもしれません。

そんなことはありません。
ロルフィングはどんな方に受けていただいても、その時々にあった体と心の最適な統合を導けるものです。

上記でご紹介したような事例や、私が受けた時の様に物事の見方の変化に興味があるような方、ゼロからプラスへというのは何かを体感してみたい方、単純に面白そうだという探究心がおありの方。
どんな方でも、どんなニーズでも構いません。
一緒に、さらなる身体の可能性を探求してみましょう。
思いもよらなかったご自身の可能性に、きっと驚かれるはずです。